脳神経外科・リハビリテーション科・内科

医療法人財団 百葉の会 ももはクリニック石坂

神経内科

神経内科とは

神経内科は脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気を見る内科です。心療内科と語感が少し似ていますが、精神的な病気を診るわけではありません。体を動かしたり、感じたり、考えることなどが上手にできなくなった時は神経に原因があるかもしれません。
当院の神経内科は女性医師が担当しております。どうぞお気軽にご相談ください。

具体的な症状

  • しびれ
  • むせ
  • めまい
  • しゃべりにくい、ろれつが回らない
  • 力がうまく入らない
  • ものが二重に見える(複視)
  • 歩きにくい
  • 頭痛
  • ふらつく
  • 勝手に手足が動く、ふるえ
  • つっぱる
  • ものわすれ
  • ひきつけ、けいれん
  • 意識障害

神経難病とは

神経難病とは神経の病気の中で、はっきりした原因や治療法がないものをいいます。しかし、原因が途中までわかっているものや根本的に治すことは難しいけれど日常生活が可能になるものもあります。直接的な治療がなくとも、薬やリハビリテーションなどで少しでも生活しやすくすることができますし、自宅での生活に対する様々なご相談にのることもできます。

病名

  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)
  • アミロイドーシス
  • パーキンソン病
  • 脊髄小脳変性症
  • スモン
  • 後縦靭帯骨化症
  • 多発性硬化症
  • ハンチントン病
  • 重症筋無力症
  • モヤモヤ病(ウィリス動脈輪閉塞症)

多系統萎縮症など他にも多数あります。